大学を辞めたい人向けに早く大学を辞める手順を解説していきます。

はじめに

こんにちは、ぽこまるブログを運営しています。アルマンです。

大学に入ったけど、微妙、、

自分に合わない、他にやりたいことができたなど

様々な事情で大学を辞めたい人は沢山いますよね!

そんなあなたに今回は大学をスピーディーに辞める手順を紹介していきたいと思います。

大学を辞めたい人向けに早く大学を辞める手順を解説していきます。

  1. 親を説得「説得済みなら②から」
  2. 学校に行く
  3. 面談をして退学届をゲット
  4. 退学届提出

親の説得

これが最初の関門ですね、、

ここを通らずには辞められませんから笑

コツとしては、辞めたあと何をしていきたいのかを明確にしてその気持ちをシンプルに伝えることですね。

◯◯大学を辞めたいだけだと、当然なぜ?

となりますよね笑

なのでちゃんと「辞めたあとの自分のビジョン」について話して親を納得させましょう!


親を納得させるのは結構難しいと思うのでこちらについてはもっと詳しく書こうと思います。

学校を辞めたいけど親に言い出せない。親を納得させる方法についての記事はただいま執筆中。

学校に行く

もちろんその学校によって名前は違いますが教務課などそのような雰囲気の場所に行けば大丈夫です。

そして非常に言いずらいと思いますが学校を退学したいと伝えます。

そしたら面談をするとのことなので場所を移動します。

面談をして退学届けゲット

実際に何故辞めたいのかという理由を聞かれました。

なんか事情聴取みたいな感じでたくさんメモを取られました笑

そしたら今後はどうするのかと聞かれ自分の考えてることを話して退学届にについて説明を受けました。

※ここでもしっかりとハッキリと自分の意見は言いましょう。

さらにここで同時に奨学金の説明も同時に受けました!!

奨学金については他の課で説明を受ける人もいるそうです。   

退学届け提出

自分は退学届を家に持ち帰って郵送で提出したので楽でした!!

もし学校で提出する場合は持ち物として

  • 学生証
  • 印鑑

どの学校も共通して必要だと思うので必ず持って行きましょう!!

こんな感じですかね、、

時期が微妙だとさらっと辞められない可能性があるので辞めると決意したら早めに行動することをお勧めします。

最後に

学校にいた時間は30分~1時間くらいですかね。

面談では辞めたあとのことも聞かれると思うのでやはり親に伝える時に明確に自分のことについて考えておいておくといいと思います!!

親に対しても先生に対してもしっかりとハッキリと

・どうして辞めたいのか

・これからどうしていくのか

をしっかりと伝えることが一番早く辞められるコツになってくると思います。

結構簡単に簡潔にまとめてしまった説明ですが参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。